MT4での賢い稼ぎ方を研究中

MT4とは

MT4は、FX(外国為替証拠金取引)で使われる取引ソフトです。このソフトは、ロシアのメタクウォーツソフトウェア社というところが作ったもので、無料で提供されています。
メタトレーダの機能は、業者に注文を出したり、口座残高やポジション、決済などの確認などの取引機能だけでなく、テクニカル分析を行う上で必要不可欠な様々なチャートも実装しています。チャート機能に関しては、MT4が実装しているものにあきたらなければ、自分用にカスタマイズができますし、自分独自のチャートを作成して組み込むこともできます。また、世界中の人が独自に作って公開してあるチャートを使うこともできます。
また、EAという自動売買の手順を書いてあるプログラムをMT4に組み込みますと、対応している業者でしたら、自動売買も可能です。なお、EAは、世界中の人が開発したものが公開されていますので、その中から選んで使用することができるばかりでなく、EAのプログラムができれば手に入れたEAの改変や独自のEAを作成することもできます。
MT4は、日本と海外では、その使い方に大きな違いがあります。日本でMT4を使っている人では、圧倒的に高性能なチャート機能のみを利用しています。それは、日本にはこのソフトで取引できるFX業者の数が少ないことが大きな理由ですが、日本のFX業者が提供している独自の取引環境で間に合っているということでもあります。一方で、海外では、MT4が標準的なFX取引ソフトとして浸透しています。こういう事情から、どの海外のFX業者でもこのソフトに対応しています。ただし、MT4を使った取引では、このソフトの提供元への手数料がかかりますので、ほんのわずかですが取引コストが上がります。
現在提供されているMT4には、バージョンが4と5の2つあります。5の方が新しいのですが、現実に多く使われているのは4の方です。
参考:国内のMT4業者の人気ランキング2015年最新版で評判やスプレッドを比較

 

 

海外で一般的に使用されている高機能取引ツール

 

MT4とはメタクオーツ社というロシアの会社が開発したFX用の売買ソフトのことで、為替チャートや各種指標の表示機能はもちろんMT4のソフト上から売買注文を出したり、EA(Expert Advisor)と呼ばれる自動売買ソフトを組み込めば自動取引まで出来てしまうほどの高機能のFXツールで、海外では多くのFX会社がMT4での取引に対応しており、最近では国内のFX会社でも使用できるようになりつつあります。一般的に日本のFX会社は会社ごとに独自のツールを提供しているので、わざわざ外部のソフトをインストールして使用する必要がありませんが、海外のFX口座では独自の取引ツールの開発を行っておらず、各会社の規格に合わせて作られたMT4を使用して取引を行うのが一般的です。このため多くの日本人はMT4を高機能のチャートソフト程度の感覚ですが、海外では基本的な売買ソフトという位置付けです。このように非常に便利で高機能であるにもかかわらずMT4はフリーソフトなので誰でも無料で入手可能であり、プログラムのソースも公開されているのでプログラミングができればユーザー独自の指標を表示させたり、世界中の他のユーザーが開発した独自のテクニカル指標を使うこともできます。テクニカル指標の表示だけでなく自動取引ソフトについても世界中のユーザーが開発した自動売買システム(EA)が無数に提供されており、それらをダウンロードして自分のMT4に組み込んで売買に使用することもできるので、EAで自動取引を一度セットしておけばPCが勝手に自動売買を実行してくれるので、常にPCの前に座って画面を見ている必要がありません。このようにMT4はFX会社が提供する取引ツールにとらわれずに自分独自のスタイルでFX取引を行うことができる無料の万能ソフトで、国内でもユーザーが増えつつあります。

 

 

MT4比較でおすすめ証券会社で400倍レバレッジ

 

日本のFX会社ですとレバレッジは最大25倍までですが、海外のFX会社で取引をすればレバレッジが400倍になります。
そんな話を聞いてレバレッジ25倍じゃ物足りなくなった私は、思い切って海外FX会社で口座を開設しました。レバレッジは200倍、400倍とありましたが当然400倍に設定。

 

25倍のトレードでもハラハラしてたのに、400倍になったらいったいどうなるんだろう、という期待と不安がありました。
そして整ったので、いざトレード。1回のロスカットで証拠金が半分になるような通貨数のポジションを取り、チャートを監視。

 

動く損益の数字が大き過ぎて、ハラハラどころか心臓が破裂しそうな感覚でした。
結局何度か400倍でトレードをしましたが、大きく勝ったり負けたりで、精神的に負担が大きいと判断し、もとの日本のレバレッジ25倍の口座に戻しました。

 

400倍でトレードしたことがあると、25倍が小さく見えるのですが、25倍でも自分の資金よりも大きい金額を動かせるわけですから、これくらいが丁度いいのかもしれません。
しかし、レバレッジ400倍はすごかったです。ギャンブルの感覚にすごく近いかもしれません。
あの損益の数字の動きは普通でいるのは困難です。そもそもそんな状態でトレードしても恐らく勝ち続けるのは難しいので、早めにやめれて良かったと今では思います。もう二度とレバレッジ400倍はしないつもりです。

 

FXをギャンブルのようにとらえている方であればレバレッジ400倍はお勧め出来ますが、資産形成等の場合はオススメしません。絶対におやめください。

 

 

私は主にパソコンでお小遣いを稼いでいます。
みんなやっている人も多いと思いますが、主にアンケートです。
マクロミル、Qモニター、楽天リサーチ、永久不滅ポイントです。

 

マクロミルは件数が多いので細かく稼いでいけます。
普段は事前アンケートなので2,3ポイントが基本ですが、本アンケートが来た時は100ポイントくらいもらえる時もあります。
ただ、本アンケートはみなさん答えたがるので、なくなってしまうのが早く注意が必要です。

 

Qモニターはそんなにアンケートの件数自体は多くないです。
ですが、たまったポイントは楽天ポイントに換金できるので、貯めた時にお買い物がしやすいです。

 

楽天リサーチはとにかくなくなるのが早いです。
一日一回のチェックでは全然足らないです。
一日一回だけのチェックだとあっという間にアンケートがなくなってしまっていて、何度悔しい思いをしたことか…。
それでも一月多ければ300ポイントくらいもらえています。

 

永久不滅ポイントはその名の通り永久不滅です。
私はセゾンカードを使いつつ、アンケートでポイントも貯めているので、そんなに換金率は高くないですが意外とあっという間にたまります。
最近はアンケートの項目も増えたし、レシートで貯める、という項目は当たれば一気にポイントがたまります。

 

こんな感じで地道に貯めていって、去年はラベンハムのコート39000円、イル・ビソンテのお財布19000円、ヘンケルスの包丁7000円、ipodnanoと交換できました。

続きを読む≫ 2014/06/17 14:07:17

FXに関する情報量はとてつもなく膨大です。ブログ、商材、手法、損益の公開。ネットで検索すれば様々な情報が目に飛び込んできます。こっちとあっちでは言っていることが真逆なんてこともしばしばあり、混乱することがあります。

 

ではいったい何を信じるか?厳密に言えばどんな基準で情報を精査し、自らに情報を取り込むか?
それは自分の性格を理解することです。
手法やメンタル法は様々ですが、どれが合うかは人それぞれです。Aという手法が合う人もいれば、まったく合わない人もいます。ポジションを持ったら気を紛らわすために他のことをしろ、というやり方が合う人もいれば、チャートを常に監視しろ、というやり方が合う人もいます。

 

これらの合う、合わないはその人の性格や好みによってくると思うので、まずは自分が自分自身のことをよく理解することが重要です。
理解が出来てくると、日々大量に溢れるFXの情報に対しても、無意識のうちに選別が出来てきます。あっこれは自分にとって重要な情報だな、あっこれは自分に関係ない情報だな、といった具合に、自分にとって良い情報と必要ない情報がわかってくるようになります。

 

ここで大切なのは、全ての情報を得ようとしないことです。
最初のうちはまだ自分にとってプラスになる情報がわかりにくいので、色々な情報を得ることはありますが、それをずっと続けてはいけません。
ネットの普及によって情報量が増えた今、必要な情報だけを取得し、自分の良い部分を磨き続けることが、FXだけでなく様々なことでも重要になってくると思います。

続きを読む≫ 2014/06/17 14:07:17